事業用物件を借りるメリット、貸すメリット

事業用の不動産に関して、購入すべきか賃貸にすべきか判断の必要なところです。

事業用不動産を「借りる」メリットについて簡単に述べます。(3分で読めます)

また「貸す」メリットも簡単に記述しています。

「事業用不動産を借りるメリット」

「借りる」ことに関して、「所有が無い」こと自体がメリットでもあります。

なぜなら、

・維持管理コストが掛からない

・ニーズの変化に合わせて、柔軟に乗り換えが可能

・自然災害などの毀滅リスクを直接負わない

・デフレがあると賃料が下がる可能性がある

もちろん購入することにもメリットがありますので、状況に適した方法を選択するようにしましょう。

「事業用不動産を貸すメリット」

活用されていない不動産を「貸す」ことはメリットが得られます。

・定期的な収入を得ることができる

・不動産を貸すことで、固定資産税や相続税の評価が下がり、「節税」に繋がる

所有している不動産をより良く活用していく為のサポートは、ウェーブにお任せください。

※Tips 不動産活用のタイプ

・事業用定期借地権による契約

その名の通り期間を定めて土地を貸し出す方式です。

(期間満了後は建物を解体し更地に戻して、地主様に返還。)

・建物賃貸借契約方式(リースバック方式)

建物を建てて、その利用を含めて貸すものです。

・駐車場など直接運営する収益物件

エンドユーザー様に直接お貸しする方式。